肌がブツブツになるのは脱毛が原因?すべすべな脱毛を目指そう!


体毛の除去は毛穴部分に強い刺激をもたらす

エステサロンなどの美容施設で行っている脱毛処理はその多くが体毛を抜き取る方法を採用しています。道具や薬剤の違いはありますが、基本的な仕組みは同じです。体毛の抜き取りは毛穴を引っ張る形になるので、周囲の表皮に強い刺激がもたらされます。また、目に見えないほどの微小な傷が生じるので、脱毛後は痛みや炎症が生じるのです。場合によっては傷口に細菌が入り込み、赤く腫れ上がったり発疹のような状態になることもあります。見栄えを良くするために行う脱毛で肌の状態が悪くなってしまう、本末転倒な事態に陥ってしまうことがあるのです。美肌を保ちながら脱毛を行うには前後のスキンケアを重視する必要があります。

毛穴を広げて刺激を緩和させるのが効果的

脱毛後に肌がブツブツの状態になるのは毛穴の部分が腫れているためです。このような状態になるのを防ぐには予め毛穴を拡大させ、脱毛の際に周囲の表皮が引っ張られないようにする必要があります。脱毛用の薬剤を塗布して表皮を柔らかくすることで毛穴が広がり、脱毛が容易になります。かつては高温の蒸しタオルで表皮をふやけさせる方法が主流でしたが、毛質によっては体毛がちぎれてしまう不具合が生じるので現在ではあまり行われていません。脱毛後のスキンケアについては刺激を緩和させることを踏まえ、保湿効果がある化粧水を使うのが良い方法です。毛穴の傷に刺激を与えない製品を使うのが好ましい一方、個人の体質によっては含有成分に過敏な反応を示すこともあるので事前のチェックを必ず行うのが美肌維持の条件になります。

新宿の脱毛をする場合、エステやサロンで行う脱毛や病院や美容クリニックで行う医療脱毛など脱毛の種類が複数あるので、費用や施術する部位、効果などを総合的に検討して選びます。